読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なでブログ

健康第一

疑心

Twitterはとても良いもので、自分の気の合う仲間をフォローして、意見を交換して、さらに他人からの悪意から逃れることが出来る最高のツールである。

しかし最近は、そういった悪意から逃れ、ぬるま湯に浸かることは良いことなのだろうか?と思うようになってきた。

「なんか気に入らないな」とか「この人のツイートは見てて気分が悪いな」とか、そういった自分が好きなものしか視界に入らないようにできるというのは、案外危険なことなのではないだろうか。例えば、現実世界で自分と気が合わないと思うような人とも接さざるをえない状況の人ならば、せめてインターネットでは気の合う人とだけ居たいと思うのは問題はなさそうである。

しかし、特に自分のような、現実の世界でも他人との交流が乏しい人というのは、自分のことを嫌いな人、自分が嫌いな人と接することによる精神の摩耗を経験する機会が全くなくなってしまうのである。そういった人間は、自分が嫌い、嫌われている人と接さざるを得ない状況になった時にどうしようもなくなってしまうのではないか?

それと、今の自分は、自分を律する力が未熟なので、時間が無限に吸い取られてしまう。自分のような人はツイッターをやらないほうがいいんじゃないかと思う。自分の未熟さをツイッターに押し付けるつもりは毛頭ない。

ということで、最近はあまりツイートをしていない。基本的にフォローしているKAMIESHI*1が投稿する絵をみたりするくらいの用途にしか使っていない。

*1:神絵師