なでブログ

健康第一

僕がSKKと別れることを決めるまで。

はじめに

自分は今年のはじめにSKKを使い始めました。どういう経緯で使い始めたかは忘れてしまいました。当時はWindowsばかり使っていたので、CorvusSKKを選択しました。環境設定するときに参照していたWebサイトで同時に紹介されていた、AZIKとSandSもSKKと同時に使い始めました。使い始めた当初は、主にAZIKのせいでめちゃくちゃ使いにくかったのを覚えています。ちなみに、US配列のキーボードを使っていて、SKKを使い始めるまではGoogle日本語入力 + スペースキーの両隣にあるキー*1IMEオンオフ切り替え っていう環境で、特に不満はありませんでした。

ツイッターばっかやってたので慣れるまではあまり時間がかからなかったように覚えています。配列そのものが変わるわけではないので、覚えやすい部類だと思います。高速タイピングができるようになった!っていうわけではなく、腕・指の動く量が減ったように感じました。SKKによって変換決定にEnterを押す回数が減ったこと、AZIKによる入力の最適化、SandSにより右小指の使用が最低限になったことが関係していると思います。

Google日本語入力から移行したこともあり、変換に関しては貧弱だと感じました。なので、skkservを使って変換にGoogle日本語入力を利用するようにしたところ、変換の問題は解決しました。しかし、送り仮名つけたままでも平気で変換できるので、本来のSKKらしい使い方(?)はできていませんでした。

慣れてからはもう以前の環境には戻りたくないって思うほど快適でした。

発生した問題

4月からMacを使う機会が多くなって、必然的にMacでも同じような環境を整えようとするわけですが、そこで問題が発生しました。

Mac(Sierra)で満足する環境が構築できなかった

SKK+AZIK+SandS+Google日本語入力(外部変換)をSierra上で実現するために必要なソフトウェアが、

さらにこの状態で、Terminal.app*2でCtrl-Jでかな変換モードがターミナルの改行コードと被ってしまい、使えません。Shift+Ctrl-Jで代用することができますが、個人的にはShiftを押そうとすると左手が少し動いてしまうの嫌でした。一応ネット上にはkeyhacを使うことで解決できるという情報がありますが、keyhacもまた他のアプリケーションに影響を及ぼしたりするようで、諦めました。

AutoHotKey+KeySwapでSandSを実現すると、問題が発生する(Windows)

WindowsでのSandSの実装はいろいろな方法があり、新しいのから古いのまでありますが、さっき参考として挙げたSandSの実装では、確認できただけで以下の問題が発生しました。

  1. ゲームをやるとき、スペースキーを使えない。(ジャンプができない)
  2. コマンドプロンプトでスペースキーが入力されない。

解決方法*3を調べたり、別の方法でSandSを実装すればどうにかなるかもしれませんが、そもそもSandSを使うこと自体に問題が発生する原因があることは自明でした。

その他、気になったこと

問題っていうほどではなく、単純に許せるか許せないかみたいなそういうもの。

入力状態がわかりにくい(CorvusSKK)

CorvusSKKは現在の状態がどうであるか(かな、英数、カナなど)をタスクバーを見ないとわからないので地味に不便でした。AquaSKKはカーソルの横に入力状態が表示されるのでわかりやすくて便利でした。

WindowsでのSKK入力システムでCorvusSKK以外にSKK日本語入力FEPというものもあり、そちらは入力状態に応じてカーソルに色が付くのでわかりやすいです。しかしAZIKの設定がCorvusSKKやAquaSKKのものと微妙に違く、少し設定をいじろうとしてみても思い通りにならず、更にSKK日本語入力FEPを試したのがMacで試行錯誤してるときだったので、トラブルシューティングがめんどくさくなってきて結局使わないことにしました。*4

MacのOSごとの変化が大きくて継続的に使えるかわからない

上記のAquaSKKとTerminalの問題は、AquaSKK公式にはKarabiner(≠Krabiner-Elements)を使うことを推奨しています。しかし、KarabinerはSierra対応していないのでその解決方法が使えません。対応まで待つのも一つの手ですが、SKK+AZIK+SandSというマイナーな方法を使っている以上、今後もOSをメジャーアップデートするごとに何らかのソフトウェアのために対応待ちをすることになるでしょうし、それ考えると煩わしさを感じざるを得ません。それに、開発者が頑張って対応しても次のOSで使えなくなってしまう、という状況が続くと確実に開発が止まってしまうので、そういった怖さもあります。

それと、MacMacBook Proで使っているので、CPU使用率増加とそれに伴うバッテリー消費を考えて、常時起動させておくプロセスを増やしたくないっていう気持ちがあり、そういう面での心配もありました。*5

というわけで

僕はSKKをやめて、Google日本語入力に戻ることを決意しました。SKKを使い始めて3ヶ月経ち、元の入力方法が全く使えないくらいになっていて、SKKを気に入っていたのでつらい決断でした。最初のほうで述べた通り、SKKSKKらしく使えていなかったので、じゃあ別にSKKじゃなくてもいいんじゃないか?って思ったのがきっかけでした。ただし、AZIKはもうやめられないと思います。慣れると元の配置で文字が打てなくなります。

今は補助ソフトウェアとして、Windowsではalt-ime-ahk(AutoHotKey)Macでは⌘英かなを使っています。こちらも補助ソフトウェアがOSアップデートで使えなくなる可能性はありますが、この方法は使用している人口が多いので、対応するまでそこまで時間がかからないだろうと判断して使っています。

SKKに戻ってくるとしたら、SKK日本語入力FEPAquaSKKAZIK設定が同じようにできて、KarabinerがSierra対応したら…ですかね。そのときにはもうGoogle日本語入力のほうに慣れてしまっていそうですが。

Google日本語入力AZIKを使う設定ファイルは、ネットで探したものをUS配列向けに一部調整したものを使っています。AZIKは非常に便利なので試してみたい方は是非。

最後に、誤字脱字や僕が悩んでいるとして挙げた事柄に対して、なにかコメントがありましたら遠慮なくお願いします。🙇

参考など

*1:環境によって色々変わるので抽象的にしました。

*2:iTermなどを含む。

*3:予想ですが、KeySwapを使ってSpaceを左Shiftにしているのでそのせいだと思っています。SpaceはSpaceのままSandSを実現できれば問題は起きないと思います。

*4:というかSKK自体を使わなくなることになりました。

*5:Google日本語入力も多少はCPU使用率を持っていくので、合計で考えたらどっこいかもしれません…。

東京電機大学工学部情報通信工学科に進学しました。

国立前期、後期ともに不合格で、合計3年間の受験で唯一合格した東京電機大学工学部情報通信工学科に進学しました。
今更なエントリですが、一応。

目標

短期(夏休みおわるまで)

  • 大学でやるC言語以外の言語を始める。
  • GithubのContribution Calenderを少しでも緑化する。
  • TOEICを受ける。(まずは5月下旬)

中期(冬休みおわるまで)

  • 基本情報技術者試験(秋)に合格する。
  • TOEICの点数を伸ばす。
  • とりあえずサクッと書ける言語を1つ習得する。(2年次からコードを書くバイトがしたい)

長期(それ以降とか、特に時期を決めてないものとか)

ざっくりと、思いつく範囲で書き出してみました。抜けてるところもありますし、全部が達成できるかはわかりませんが、折角設備の整った私立大学へ進学できたので、積極的にいきたいと思います。

雑談

今はまずJavascriptをやろうと思っています。JavaScalaPythonRubyにも興味があります。とりあえず1つまともに使えるものを持ちたいので、1年次ではそれを目指します。

TOEICはとりあえず5月下旬に受けてその点数をもとにどう勉強するかを考えます。今のところ大学院へ行く気はありませんが、院試でTOEICのスコアが使えるところは800-900点で満点扱いになるようですので、卒業までに900点を目指そうと思います。

Github緑化は、それくらい開発を日常の行動の一部に組み込みたいという思いからの目標です。

各種情報処理技術者試験を受ける理由としては、資格を活かして仕事がしたいということではなく、自分がエンジニアとしての知識を(半ば強制的に)つけるためちょうどいいだろうと考えているからです。高度情報処理技術者試験に関しては、自分の興味のある情報セキュリティスペシャリスト試験が最近廃止され、情報処理安全確保支援士試験*1となってしまったので、とりあえずなにか1つ興味のある試験を見つけて挑戦したいと思っています。

最後になりますが、受験期にいろいろなアドバイスを下さったツイッターのフォロワー方々、高校の友人・先輩・後輩達、そして両親には非常に感謝しています。月並みな挨拶ですが、今後もよろしくお願いします。大学は北千住にあるので、都内や千葉近辺だったら夕飯など誘ってくれると飛んで行きます。

*1:内容は変わってない?らしいんですが詳しく調べてません。

FTB Beyondの鉱石生成がおもしろい

FTB TeamがMinecraft1.10.2向けのModpack"FTB Beyond“をリリースしましたね。雰囲気的には1.7.10のInfinity Evolvedの1.10.2版と言ったところでしょうか?*1 公式のプレスリリースを載せておきます。こちらにコンフィグの改変などが記載されていますので、詳しいことはこちらをご覧ください。

forum.feed-the-beast.com

このプレスリリースの中で鉱石生成をする高度を図にしたものがあります。CoFH Coreで生成高度を変更しているようですが、ではデフォルトの生成高度はどうなっているのか気になったので、調べて分かった範囲でまとめてみました。

MODのバージョンによって生成高度が変化している可能性があるため、必ずしも現行のものと一致しているわけではないのでご注意ください。また、JEIを見ると、この図に記載されている高度でなくても少量なら生成する可能性があったり、逆に記載されている高度でも生成確率が極端に低い高度があったりと、JEIが正しいのか図が正しいのかわかりません。この記事ではconfigファイルでの記述と一致していた図の方をもとにFTB Beyondでの生成高度を記載することにしました。

鉱石生成高度比較表

鉱石名 どのMODによる鉱石か*2 Beyondでの生成高度 デフォルトの生成高度
Coal Vanilla 0 to 128 0 to 114
Apatite Forestry for Minecraft 54 to 96 64 以上
Copper Thermal Foundation 40 to 75 40 to 75
Bauxite TechReborn 48 to 72 10 to 60
Aluminium Thermal Foundation 48 to 72 不明
Iron Vanilla 0 to 64 0 to 63
Meteor 不明 40 to 60 不明
Tin Thermal Foundation 20 to 55 20 to 55
Certus Applied Energistics 2 24 to 48 12 to 74
Monazit Modular ForceField System 24 to 42 不明(0 to 72?)
Ruby ProjectRed 18 to 42 0 to 53
Sapphire ProjectRed 18 to 42 0 to 53
Peridot ProjectRed 18 to 42 0 to 53
Uranium Industrial Craft 2 16 to 42 0 to 64
Yellorite Extreme Reactors 16 to 42 0 to 50
Gold Vanilla 0 to 32 0 to 31
Lapis Vanilla 0 to 32 0 to 30
Resonating Ore DeepResonance 16 to 32 0 to 40
Silver Thermal Foundation 5 to 30 5 to 30
Lead Thermal Foundation 5 to 30 10 to 35
Nickel Thermal Foundation 5 to 20 5 to 20
Redstone Vanilla 0 to 16 0 to 15
Diamond Vanilla 0 to 16 0 to 15
Emerald Vanilla 0 to 16 4 to 32
Electrotine ProjectRed 0 to 16 0 to 20
Draconium Draconic Evolution 0 to 8 0 to 8

こうしてみるとThermal Foundationの鉱石が多いですね。CoFH Coreで制御する関係で自由度が高かったりするのかもしれませんね。あと、探索している途中にTechRebornのGarnirite Ore*3を見つけました。例の図にも記載がありませんし、他の鉱石はゲーム内でJEIによって生成高度が確認できるのですが、この鉱石は確認できなかったので、おそらく生成を切り忘れたのだと思われます。近いうちに修正されると思います。

Meteorというのは鉱石ではなく、AE2の隕石のことだと思ったんですが、configファイルをみると黒曜石とThermal Foundationの鉱石でできた構造物っぽいです。小一時間探索したんですが見つかりませんでした。ちなみに、FTB Beyondでは隕石の生成がデフォルトでは無効化されていて、金型はクラフト可能になっています。

Aluminium Oreは1.10.2版Thermal Foundationで新たに追加された鉱石なのですが、デフォルトのconfigファイルには生成高度に関する記述がありませんでした。

あとがき

普段遊ぶときは気にしない鉱石生成高度ですが、調べてみると鉱石によって多種多様で新たな発見が多かったです。ただし、鉱石生成高度よりもどの高度に多く生成されるかのほうが重要なので情報が少なくて古めの情報も多くなってしまいました。

ちなみに、こうした鉱石生成高度の変更は、Infinity Evolvedでもあったようです。

www.reddit.com

FTB Beyondでは従来のY11付近で行うブランチマイニングで得られる鉱石は限られているので、目的の鉱石に応じてブランチマイニングの高度を変える必要がありそうですね*4。また、高度によって鉱石生成率は違うので*5、実際に採掘するときはそのあたりも気をつける必要がありそうです。生成率はJEIで確認できます。

記事を書いている時点ではExpert Modeはありませんが、用意中なようなので期待しましょう。既にPSIのCAD Assemblerの作成難易度が凄まじく上昇しているので楽しみですね(死んだ魚の眼)

1.7.10以降の工業化MODをメインに遊んでいる身としては、FTB Beyondを機に1.7.10以降の工業・魔術MODに興味を持つ人が増えてくれれば良いなあと思います。

誤字脱字などは@まで。

参考

*1:一応Infinity Lite 1.10.2というものがありますが見なかったことにします。

*2:Vanillaを含む。

*3:Nickelと互換性があるようですが、Y20以上でも発見しました。

*4:Quarryに沈めるから関係ないなんて言わないで

*5:例えば、バニラ環境でCoalはY:0-114に生成される可能性がありますが、その中でもY:5-66によく生成されるようです

サウンドカード

前置き

数日前にサウンドカード(ASUS STRIX SOAR)を買った。
ゲームのアプデでチートが使えなくなった中華の農場拠点爆破に成功して、気分が良かったので思わずポチってしまった代物。

使用感

雑感としては低音の締りが良くなった。個人的に高音は変化を認識しづらいのでなんとも言えない。
1万ちょい払って微妙な変化を楽しむ感じがオーディオっぽくて良いなと思った。
ゲーム用サウンドカードみたいに銘打ってるのに、ゲームをする(GPU負荷が高くなる)とノイズが乗るという具合で、そこはさすがにどうよと思った。

あと、付属の設定ソフト(Sonic Stucio)とShadowPlayの相性が悪くて、Sonic Studioを終了してないとShadowPlayが動かない。

総括

ゲーム用サウンドカードといえばSoundBlaster Zあたりがここ数年鉄板商品として不動の地位を得ていた(要出典)ようだったが、ASUSのゲーム用サウンドカードが発売されたということで、後発の商品なのでSoundBlaster Zよりも良いだろうと勝手に思い込んでいたが、結果的にはSoundBlaster Zのほうが良かったかなーと思っている。

ノイズの件を理由にして返品できないこともないと思うが、とりあえずはASUSの対応に期待して使い続けてみることにする。
それと、SoundBlaster Zと違って再生リダイレクト(ステレオミキサー)*1が使えないことと、フロントパネルのオーディオ出力と接続できないこと*2に注意されたし。

*1:このあたり詳しく調べてはいないので微妙に違うかもしれない

*2:必要な場合はプラス数千円払えば外部コントローラ付属のSTRIX RAID PROというのがある

Unique Melody "Maverick"

経緯

Unique MelodyのMaverickというイヤホンを購入しました。定価で買うと13万ちょいです。中古美品がとあるイヤホン・ヘッドフォン専門店で9万円で売っていたので買ってしまいました。前からほしいなあとは思っていましたし、ちょうどその日が給料日で、お金が入って財布の紐がユルくなってたのでうっかり。

なぜMaverickを選んだかというと、やはり所有欲を満たしてくれる見た目の問題もありますし、試聴した時の印象もありました。SE535LTDを所持しているので、ハウジングの形が似ているSE846やW60も同時に検討していましたが、w60はリケーブルの選択肢が限られてしまうのと、最近話題(?)のハイブリッドがほしいなあということもあり、更に試聴の時に装着感がわるかったOriolusを候補から外して、最終的にMaverickを選んだ…という流れです。

所感

ハウジングは大きいのですが、意外と耳への収まりが良くて不快感はありません。

イヤピはNobunagaLabのダブルフランジ(黒)を使っています。遮音性は純正のシリコンのものよりも良く、聴き比べて、音をスポイルしているようには感じませんでした。ダブルフランジは、あまりグリグリ押し込むとかえって違和感が大きくなるので、装着にはちょっと気を使います。UM56というカスタムイヤピを検討していたりしますが、今のところはダブルフランジで十分だと感じています。ちなみに、純正のウレタンイヤピはステムにすんなり入らないので、それを付けて聴いたことがありません。(かなり力が必要だけど、ウレタンが千切れそうで怖い)

音に関して細かくレビューがするほどの知識はありませんが、軽くレビューしたいと思います。ちなみにDAP持ってないのでスマホ(Z3c)直挿しです。ごめんなさい。また給料が入ったらAKシリーズあたりで購入したいと思ってます。

今まで所持していたのはSE535LTD(リケーブル:ZephoneのRedcondor)です。こちらもスマホ直で使っていました。そちらと軽く比較しながら所感をまとめていきます。

僕は基本的にElectronic Music*1しか聞かない人なので、そういった曲での感想となります。

高音域

SE535LTDは高音域の再生能力が高く評価されている機種で、個人的にも同意見なのですが、Maverickも全く劣らない再生能力を持っていると思います。スマホ直だと、シンバル音がかなりシャリつく印象があります。(まともなDAPで聴いたことがないので、固有のシャリつきなのかは不明) 価格コムのレビューでも、駆動力が低いスマホ直だとシャリつくというレビューがあったので、まともなDAPで聞いたらまた再評価したいと思います。
基本的にエッジの効いた音なので、音源によっては刺さることもありますが、ここら辺は再生機器の能力に左右される部分や、ケーブルなどでも調節可能なので気にしてません。

高音域に関して、SE535LTDとの比較のまとめとしては「まだ本気ではないが、でもSE535LTDに劣らない再生能力」といったところです。

中音域

Maverickは弱ドンシャリと言われていて、中音域(Mid)はBA1機ですが、もともと音場が広めで分解能が高いので、特徴のある低音や高音に負けることなく自然に鳴らしてくれます。ボーカルなども埋もれることなくしっかりと聴かせてくれます。
SE535LTDは弱カマボコで、中音域から高音域にかけての再生能力が優秀ですが、MaverickがSE535LTDの中音域再生能力に劣るとは感じませんでした。

中音域に関して、比較のまとめとしては「SE535LTDよりも再生能力は同等以上。更に音場、分解能が高いので、総合的にも上」といったところでしょうか。

低音域

Maverickの真骨頂である、1BA+1Dynamicで鳴らす低音ですが、こちらはSE535LTDと比較すると垂涎モノです。価格コムやアマゾンでは、ダイナミック搭載してるとは思えないくらい低音が出ない。というレビューもあったので、少し心配していたのですが、全く問題ありませんでした。確かに、ドカドカ重低音を鳴り響かせるイヤホンではありませんが、他の音域とのバランスを良く考えられていると感じました。HardstyleやDubstepなど、電子音楽では特に低音の量が重要なのですが、そういったジャンルでもしっかりとバランスよく、かつ低音をしっかりと鳴らせていて感動しました。曲によっては低音のパンチがかなりある曲があり、これはBAだけでは出せないだろうな…。とハイブリッドの恩恵を感じます。

低音域に関して、比較のまとめとしては「バランスよく下支えしつつ主張もする低音。量・質ともに素晴らしい」といったところです。

まとめ

SE535LTDと比べて、音場が広い、分解能が高い、音域のバランスが良い、カッチリした音傾向である、低音の量・質ともに素晴らしい、と感じました。SE535LTDでも十分に音が良いのですが、やはりMaverickの前では霞んでしまいます。
その他としては、SE535LTDではBPMが200を超えるようなスピードコア系は、平べったくなってしまい、あまり得意ではないように思っていたのですが、Maverickはしっかりと聴かせてくれます。

価格に関しては、確かに高額ですが、頑張ってでも手に入れたい音だと思いました。
Maverickの記事ですが、SE535LTDの再生能力の高さにも驚かされました。5万円以下ならベストバイと言っても過言ではないと思います。

誤字脱字、質問などありましたら@までどうぞ。

一番最後になりましたが、このレビューはあくまでも個人の感想なので、各々が感じる音と違うところもあるかも知れません。一般全てに当てはまるとは断言できません。ご了承ください。

2017/03/08 追記

報告が遅れてしまいましたが、諸事情により半年ほど前にMaverickを売却しました。その経緯についてもいずれブログの記事として投稿できればなと思っています。

*1:電子音楽エレクトロニカなど呼称は多々